気圧低下により激しい豪雨と暴風雨をまき散らす台風も自然災害の代表格です。

MENU

自然災害の種類

 

自然災害の中で最も大きな爪痕を残すのが地震です。
死傷者数が多いことからも地震は極めて危険な自然災害です。

 

しかし、世の中には数多くの自然災害が存在しています。
天災と呼ばれる自然現象の被害は時に現代社会を破壊してしまうでしょう。
いつ何が起きるか分からない、そんな危険と隣り合わせで生きていることを忘れてはいけません。
防災ナビではいつ何が起こっても良いように防災グッズや備蓄を推奨しています。

 

地震災害以外にどのような災害があるかを見て、万が一に備える心構えを作りましょう。

 

地震災害

 

防災ナビで紹介している地震災害は、プレートの沈み込みによって発生する自然災害の1種類です。
建物の倒壊や家具の転倒などで怪我人が続出するのが特徴です。
火災を併発することから生活する家が無くなってしまうケースが少なくありません。
地震の後の復旧が難しいため、危険度は非常に高いと言えるでしょう。

 

地震はどうして起きる?

 

 

土砂災害

 

土砂崩れ

大雨の後に地盤が緩んで起こるのが土砂災害です。
崖崩れや地滑り、土石流などが土砂災害に含まれるのです。
ひどいケースでは家が丸ごと土砂に埋もれてしまい窒息死をすることさえあります。
物理的に動きを封じられてしまい、岩石が混じった土石流は致死率が極めて高いです。

 

 

雪崩被害

 

雪国では雪崩の被害も大きな自然災害として認識されています。
太陽光で溶けた雪が大量の雪崩となって滑り落ちて来るのは幻想的でありつつも恐怖です。
街が被害に遭うというよりも、観光客や登山客が巻き込まれるケースが多いです。
救助が大変なことから厄介な自然災害と言って良いでしょう。

 

 

火山噴火

 

地震によって火山が噴火する場合も少なくありません。
火山が噴火すると超高熱の溶岩が噴き出すとイメージしている人が多いですが、問題はそこでは無いのです。
噴火によって飛び散った火山灰こそが甚大な被害を周辺に与えます。
町中を灰色に染める火山噴火は地震に次ぐ脅威かもしれません。

 

 

台風被害

 

気圧低下により激しい豪雨と暴風雨をまき散らす台風も自然災害の代表格です。
時には民家の屋根を吹き飛ばすほどの威力を発揮しますが、台風の恐ろしさは二次被害にあります。
河川の増水により洪水が起きるなど、水による被害が恐ろしいのが特徴です。

 

 

他にもいくつもの自然災害があり、種類は非常に多いと言って良いでしょう。
地震に対して備えておくのは大事ですが、こうした自然災害に目を向けるのが大事です。
「備えあれば憂いなし」ということわざがあるように、警戒し過ぎて損することはありません。
防災ナビは地震に限らず自然災害に対して備蓄を行うのを推奨しています。