上級の応急処置は専門家の指導を受けたり、講習を受けたりしなければいけません。

MENU

応急処置の方法

■応急処置の方法

 

地震に限らず災害の際には大勢の怪我人が発生します。
自分自身、あるいは家族の誰かが怪我をする確率も決して低くないのです。

 

怪我をしている状態を放置すれば死亡のリスクが高まるのは言うまでもありません。
ライフラインが停止した状態で救急車が駆けつけられないケースもあるでしょう。
最悪の状況を想定して自分自身が応急処置を行えるようになっておくのが一番です。
防災ナビでは応急処置の方法を覚えるのを推奨しています。
応急処置が出来れば大勢の命を救える可能性があるのです。

 

●初歩の応急処置
地震災害の時には様々な怪我をする恐れがあります。
中でも軽度の怪我に対する応急処置について学びたいと思います。

 

軽度のかすり傷なら清潔な水で汚れを洗い流し、アルコール等で消毒すれば良いでしょう。
アルコールが無い、バンドエイドが無い場合はサランラップを巻き付けると応急処置に使えます。
切り傷による出血も同様でサランラップを活用する応急処置が有効です。

 

打撲や捻挫による腫れがあるなら下手に動かさずに安静にしてもらうのが良いです。
氷があれば冷やすのが良いですが、無ければ水を掛けてあげると痛みが和らぎます。
包帯、無ければサランラップで捻挫部分を巻いて補強すると歩きやすくなるでしょう。
避難が必要な場合は最低限歩くための応急処置に使えます。

 

火災による火傷を負ったならすぐに水を掛けて冷やしましょう。
軽度なら良いですが、重傷だと命に関わるのですぐに病院へ連れて行くのが良いです。
火傷に対して出来ることは多く無く応急処置には限界があると覚えておいてください。

 

●上級の応急処置
専門的な知識を必要とする高度な応急処置を身に付けておくのも大事です。
地震災害時には命を失う状況になることも十分にあります。

 

心肺停止状態の人が居たら気道を確保して人工呼吸を試みましょう。
心臓マッサージ等を行い、近くにAEDがあるなら電気ショックを行うのも必要です。
専門家でも難しい蘇生なので限界はありますが何もしないよりは有効です。

 

指や耳などの切断という重傷も起こり得るでしょう。
こうした場合は傷口の止血をしつつ切断されたものは冷やしながらティッシュ等に包んでください。
治療が早ければうまく繋げられるかもしれないので病院へ持ち込むと良いです。
止血方法は傷口を圧迫するのが最も効果的です。

 

防災ナビでは応急処置を推奨していますが、にわか知識は厳禁だと考えています。
初歩の応急処置は別として、上級の応急処置は専門家の指導を受けたり講習を受けたりしなければいけません。
中途半端な知識を持たずに確実な手法として身に付けるようにしてください。