テーブル等の下に隠れたり、クッションや布団、カバン等で頭部を守りましょう。

MENU

地震発生【屋内にいる場合】

■地震が発生した時にとるべき行動~屋内にいる場合~

 

今この瞬間に地震が発生したらどのように行動を取るでしょうか?
素早く行動出来る人は素晴らしいですが、そうで無い人は状況に合わせた行動シミュレーションが必要です。
人は経験したことが無い状況になるとパニックになりやすいです。
冷静に行動するためにも予め状況を想像し、行動をシミュレーションするのが大事になります。

 

屋内にいる時、地震が発生したらどのように行動するべきかをまとめたいと思います。
防災ナビでは安全性を第一に、適切に素早く行動出来るようにシミュレーションするのを推奨します。

 

●地震が発生したら身を守る
地震が起きた時にその場で立ち止まってしまうのは良くありません。
落下物や家具の転倒などが懸念されるので、すぐに丈夫なテーブル等の下に隠れましょう。
身近に隠れる場所が無いならクッションや布団を使って頭部を守るようにしてください。
頭を怪我するのが最も危険で良くないことだと覚えておきましょう。

 

大型のショッピングモールや映画館など、屋内でも自宅とは大きく違う場合も同様です。
身近に隠れられる場所があれば逃げ込み、無ければカバン等で頭部を守りましょう。

 

また、地震が収まってもすぐに逃げようとしてはいけません。
落下物が無いかを慎重に見極めながら、安全第一で行動するようにしてください。

 

●自宅なら火災のリスクを考える
地震が収まったら、まずは自宅の外に出て被害状況を確認しましょう。
屋内では気付きにくいですが自宅が倒壊寸前まで傾いているケースがあるのです。
他にも、余震によって自宅が倒壊する危険もあるので屋内に留まり過ぎないようにしてください。

 

この時にもし余裕があるなら火災のリスクを考えてガスの元栓を閉めてから逃げましょう。
火災が発生している場合は助けを呼び消火活動を行います。
自宅の家財道具を守る意味もありますが、周辺が火の海になるリスクを下げる意味があるのです。
無理は禁物なので周辺の人に協力を求めるのを忘れてはいけません。

 

●最後は避難場所へ
ガスの元栓を閉めたり貴重品を取りに行ったり、やりたいことは後を絶ちません。
地震の被害がそこまでひどくなければ自宅の片付けに戻るのも良いでしょう。
しかし、大きな余震が続くような場合やライフラインが止まってしまった場合は避難場所へ行くのが良いです。
的確な指示を受けられますし危険を回避することに繋がります。

 

防災ナビではスマホ等で情報収集を行い被害状況を確認するのを推奨します。
個人の判断で行動するのは危険なので市町村の発表やニュースに注意を向けましょう。
津波被害のリスクがある地域であれば、何も考えずにとにかく走ってください。