ベッドとドアの近くに家具を置かず、防災グッズで家具を固定しましょう。

MENU

災害に備えた家具配置や固定を

 

地震災害の際、真っ先に警戒するべきは家具の転倒です。
家具の下敷きになったがために失われた命は数知れないのです。

 

周囲の家具を見渡して、倒れて来る恐れが無いかを十分にチェックしてみてください。
倒れそうなものがあるなら配置を工夫したり、防災グッズで固定したりしましょう。

 

下敷きになっても逃げられると思っている人が少なからず居ますが、頭を強打すると意識が混濁するかもしれません。
ガラスや尖ったものが刺さるなどの怪我も懸念されるので、しっかりと固定するようにしてください。

 

防災ナビでは地震災害時に備えた家具配置と固定についてまとめてみました。

 

 

地震に備えて家具配置

 

部屋のレイアウトには住む人の個性が溢れ出ます。
物が少ない部屋もあれば、ゴチャゴチャと物に溢れた部屋もあるでしょう。

 

地震で気をつけたい点としては、ベッドの近くに転倒しそうな家具を置かないことです。

 

特に熟睡してしまう人は近くに本棚やタンスを置かないように注意してください。
寝ている無防備な所へ家具が倒れて来れば、それが致命傷になり兼ねないのです。
基本的には家具の高さよりも離れた場所にベッドを置くのが望ましいです。

 

次に気を付けたいのが出入り口付近に重たい家具を置くことです。

 

家具が転倒してドアが開かなくなると脱出が難しくなり生存率に関わる問題となります。
自宅の外へ脱出するためにもドアの近くに家具を置いてはいけません。

 

見た目や快適さを重視したレイアウトにするのも良いですが、防災に意識を向けて家具を配置するのも大切です。防災ナビではベッドとドアの近くに家具を置かないことを推奨しています。

 

 

防災グッズで家具を固定する

 

地震対策の防犯グッズが大量に販売されており、様々な状況で活躍しています。
家具を固定するのも防災グッズでは有名で非常に高い効果を発揮しているのです。

 

防災グッズで固定されている家具

近年ではどんどん薄型になるテレビですが、地震が来ても落下しないようにする衝撃吸収のシートがあります。これをテレビの下に挟んでおくだけで震度6以上の地震が来ても落下しないようになります。

 

他にはネジなどで本棚やタンスを固定してしまう防災グッズも役立ちます
中身は落ちるかもしれませんが本棚やタンスが倒れるのを防いでくれるので、怪我や逃げ道を塞がずに済みます。

 

ただし、適当に壁に固定するのは止めましょう。
強い地震の場合は固定してある壁ごと倒れて来るケースが存在します。
ネジなどで固定する場合は、柱や桟に取り付けなければいけません。

 

 

 

防災ナビの情報を元に、今一度家具の配置を考え直してみてはいかがでしょうか?